徳島県文化の森総合公園
◆広告掲載のご案内

平成30年度から、当広報誌(文化の森通信「文化の森から」)に広告が掲載できるようになりました。掲載料及び手続等詳細については、21世紀館にお問い合わせください。
休館日カレンダー
2019年8月
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
[赤]は全館休館日
[青]は図書・文書館休館日
[緑]は図書館休館日
[茶]は文書館休館日
リンクバナー
徳島県立総合教育センター
まなびーあ徳島 県立総合大学校
徳島県建設技術センター
徳島県観光情報サイト 阿波ナビ 関西2府8県4政令市の芸術文化情報サイト 関西文化の日.COM

正当なCSSです!

連絡先
〒770-8070
徳島市八万町向寺山
文化の森総合公園
(徳島県立二十一世紀館) TEL:088-668-1111(代表)
おかけ間違いにご注意ください。
文化の森イベントのお知らせ

Twitter :徳島県文化の森総合公園 @tokushimabunka (各館イベント・新着情報) ☆フォローお願いします☆

★文化の森通信「文化の森から」   2019年4月-5月号 2019年6月-7月号 2019年8月-9月号

多言語展示解説システムが、2015年10月3日(土)にスタートしました。


【 すだちくん森のシアター イベント案内 】

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

<今後の予定>
◇文化の森 トワイライトジャズ (主催:徳島県立二十一世紀館)
 〈日 時〉9月22日(日)17:00~
◇文化の森 イブニングシネマ (主催:徳島県立二十一世紀館)
 〈日 時〉9月28日(土)18:30~






「徳島県文化の森LED・デジタルアート」展示作品




皆さまのご来場をお待ちしております。


 
文化の森入館者2千万人突破!!
 文化の森総合公園は,図書館,博物館,近代美術館,文書館,二十一世紀館の5館を有する全国でも例のない複合施設として,平成2年にオープンいたしました。
そして,平成22年に開館した鳥居龍蔵記念博物館を含めた来館者数が,2016年5月21日,延べ2千万人を突破致しました。
今後も子どもからお年寄りまで幅広く愛される文化創造の拠点として,より一層発展していくよう,取り組んで参りたいと考えておりますので,これからも文化の森総合公園をご活用くださいますようお願い致します。  
【2千万人目の入館者となった徳島市佐藤さんご一家】

                                               

文化の森総合公園からのお知らせ

       

【夏休み・文化の森学習応援事業について】

 文化の森では県民の皆様からの要望にお応えし、子どもたちの学力向上と各文化施設の有効活用を図るため、夏休み期間中、空き室を学習室として開放します。

1 開放する施設(定員)
 ○図書館 3階   集会室2 (30名)
 ○博物館 3階   講座室(30名)
 ○近代美術館 3階   講座室(30名)
 ○文書館 2階 講座室(30名)
 ○21世紀館 1階 ミーティングルーム(20名)
      3階 レファレンスルーム(20名)  のうち、いずれかの部屋を無料で開放します。
2 今回の利用可能日時
  期間:令和元年7月20日(土)~9月1日(日)*休館日(7/22・7/29・8/5・8/19・8/26)を除く
      時間:9時30分~17時
3 対象者
  特に限定しません。
4 受付方法
  先着順

  ◎利用できる学習室 → 夏休み期間学習室(2019.7/20~9/1)一覧表


              ◇キャンパスメンバーズ制度は、県内の大学等に在籍する学生の皆さんの文化・芸術活動を応援する制度です。

文化の森各館ホームページがSSL(暗号化通信)に対応しました。
 これにより,URLが次のとおり変更となっていますので,今後は新しいURLでのアクセスをお願いいたします。
 また,お気に入りに登録されている方は,変更をお願いします。
 閲覧方法や使い方等は,従来どおりです。
 引き続き旧URLでも閲覧可能ですが,SSL対応のホームページに自動的に切り替わります。

      新しいURL https://comet.tokushima-ec.ed.jp/


【貸し館のご案内】
図書館では集会室を、博物館では講座室を、近代美術館ではギャラリー・講座室を、二十一世紀館ではイベントホール・多目的活動室・ミニシアター・すだちくん森のシアター・スタジオ・ミーティングルームを、県民の皆様の文化活動の場として提供しています。

【広告掲載のご案内】
平成30年度から、徳島県文化の森総合公園ホームページ(画面左側)に、バナー広告を掲載いただけるようになりました。
掲載料及び手続き等詳細につきましては、二十一世紀館(電話088-668-1111)にお問い合わせください。

【交通のご案内】
◆JR徳島駅から、バスをご利用ください。

①徳島市営バス3番のりば「文化の森」行き直通バスに乗車し20分、終点「文化の森」で下車。
②徳島市営バス3番のりば「※市原【国道55号バイパス(ふれあい健康館・富田橋通り)経由】」行きに乗車し24分、「文化の森」で下車。
③徳島市営バス2番のりば「法花【文化の森経由】」行きに乗車し16分、「文化の森」で下車。
④徳島市営バス3番のりば「しらさぎ台」行き、「一宮」行き、または「天の原西(入田)」行きに乗車し18分、「園瀬橋」下車。徒歩約10分。
⑤徳島バス4番のりば「仁井田西」行き、または「佐那河内線 神山高校前」行きに乗車し18分、「園瀬橋」下車。徒歩約10分。
◆JR文化の森駅から、バスをご利用ください。
バス停「文化の森駅東」から「※市原【国道55号バイパス(ふれあい健康館・富田橋通り)経由】」行きに乗車し7分、「文化の森」で下車。
※市原線は平成28年4月1日から一部の便が国道55号バイパス(ふれあい健康館・富田橋通り)経由に変更され、「文化の森駅東」(新設)及び「文化の森」に停車します。
◆平成27年2月28日に徳島南環状道路が開通しました。国道55号バイパス方面からは、より便利に文化の森にお越しいただけます。徳島南環状道路(西行き)を文化の森IC(出口)で下り、最初の交差点を左折すれば、文化の森の駐車場に入ることができます。
※上八万・一宮方面からは、徳島南環状道路経由で「文化の森」にお越しになれません。
◆大型バス又はマイクロバスでご来園を予定のお客さまにつきましては、事前にご連絡くださいますよう、お願いいたします。
※連絡先:文化の森総合公園 電話088-668-1111(代表)
周辺地図付き時刻表(文化の森作成)」   「とくしまバスNavi

【荒天時の文化の森総合公園各施設への来館について】
車いすやベビーカーを利用されている方等で,荒天時に文化の森総合公園の各施設ご利用の際、車からの乗降時には、屋内にある施設管理用スペースをご利用いただくことが可能です。ただし、駐車はできません。
ご利用を希望される方は、近くの係員にお知らせください。
(イベント開催状況により、ご希望に添えない場合もございます)
また、パーキングパーミット用駐車場は建物の近くに11台分用意しております。

【夜間の駐車場利用制限について】
午後10時~午前5時の間バス停留所から奥への「車の乗り入れを禁止」しております。

        

開館時間・休館日のご案内

【開館時間】 午前9時30分から午後5時までです。図書館は、平日午前9時30分から午後7時までです。
【休館日】 毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日にあたる場合はその翌日) 図書館・文書館は、毎月第3木曜日も休館
       年末年始(12/29〜1/4)

催しもの案内

古文書補修ボランティア 養成講座
開催日2019年8月21日(水)
時間10:00~15:00
申し込み方法所定の申込用紙に必要事項をご記入の上申し込んでください。
開催場所徳島県立文書館   徳島県立文書館 2階講座室
参加対象(参加料)古文書の保存講座受講済みの方。(無料)
内容他将来、県立文書館でボランティアとしての活動を希望する方を対象に、古文書の修復などの実習を行います。        (毎月第1・3水曜日)
2019年度 古文書講座(初級) 第8回
開催日2019年8月24日(土)
時間14:00~16:00
申し込み方法■往復ハガキにてお申し込み下さい。
・往信用(裏面)/郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号
■申込締切:4月26日(金)消印有効
 ※第1回~第10回まで一括申込
開催場所徳島県立文書館   文書館 2階 講座室
参加対象(参加料)どなたでも(無料)
定員40人
内容他 徳島県立文書館では、多くの方に古文書に触れる体験をしていただくため、『古文書講座』を開催しています。講座は初級と中級の2コース制で、より親しみやすいものとなっています。
 初級コースは、文語体の読み方・くずし字辞典の引き方・文意の取り方・徳島特有の言い回しなど、古文書を読み解く基礎をじっくりと確実に学習していただくコースです。
 古文書に興味や関心のある方であれば、どなたでも参加できます。ふるってご応募ください。
 ※定員40名程度(希望者多数の場合は抽選となります)     
展示解説 「美人画の雪月花」
開催日2019年8月25日(日)
時間14:00~15:00
申し込み方法申込不要
開催場所徳島県立近代美術館   展示室3(2階)
参加対象(参加料)どなたでも(要観覧券)
内容他※特別展「美人画の雪月花展」関連の催しです。展示について解説します。
参考ビデオ→https://art.tokushima-ec.ed.jp/movie/art1-talk.mp4
詳細はこちら
文化の森パソコン講座 [プレゼン入門(パワーポイント)]
開催日2019年8月25日(日)
時間9:40~15:30
申し込み方法8月10日(土)までに往復はがきでの申込
開催場所   3階情報文化実習室
参加対象(参加料)どなたでも(無料)
定員20人
内容他1日完結の入門講座です。Windowsの基本操作,文字入力,スライドの編集,デザイン変更,画像貼り付け,画面切り替えなどを学習して,簡単なスライドショーを作成します。パワーポイント2016を使用します。
鳥居龍蔵セミナー 第3回「龍蔵にとって城山貝塚は何だったのか」
開催日2019年8月25日(日)
時間13:30~15:00
申し込み方法不要 (先着50名)
開催場所徳島県立博物館   県立博物館講座室
参加対象(参加料)一般(無料)
定員50人
内容他大正11年(1922)に発見された城山貝塚は、徳島考古学の記念碑的存在なのに謎も多い。97年前に行われた龍蔵たちの発掘調査とその意義に迫ります。
海部自然・文化セミナー海陽町立博物館共催 山を登ったドジョウ:ナガレホトケドジョウ
開催日2019年8月25日(日)
時間13:30~15:00
申し込み方法不要
開催場所海南文化館
参加対象(参加料)小学生から一般(小学生は保護者同伴)(無料)
定員50人
内容他徳島の山の中に棲む変わったドジョウ-ナガレホトケドジョウの分類や生態についてお話しします。
ワークスペース「ぬりえであそぼう きものの文様」
開催日2019年7月20日(土)~2019年9月1日(日)
時間9:30~16:00
申し込み方法
開催場所徳島県立近代美術館   ロビー(2階)
参加対象(参加料)どなたでも(観覧券が必要)
内容他※特別展「美人画の雪月花」関連イベントです。きものの文様の「ぬりえ」を楽しむスペースです。開催期間中(休館日のぞく)、随時ご利用ください。
参考ビデオ→http://www.art.tokushima-ec.ed.jp/movie/art2-ws.mp4
文化の森総合公園開園プレ30周年、徳島新聞創刊75周年記念「美人画の雪月花-四季とくらし 培広庵コレクションを中心に」展
開催日2019年7月20日(土)~2019年9月1日(日)
時間9:30~17:00
申し込み方法
開催場所展示室3(2階)
参加対象(参加料)どなたでも(一般1000円[800円]/高校生500円[400]/小・中生300円)
内容他日本の伝統的な絵画のモチーフのひとつ「美人画」の世界を、国内屈指の近代美人画コレクションとして知られる「培広庵コレクション」に、当館の所蔵作品を加えて展覧します。「美人画」が最も輝きを放った大正、昭和初期を中心に、優美な作品で美人画をリードした鏑木清方、上村松園、上方の甲斐荘楠音、北野恒富ら、また金沢の紺谷光俊などの作品を、四季や日常の粧い、芸事や踊り、物語・伝承などの切り口でご紹介します。
文化の森パソコン教養講座 [ホームページ作成指導者養成講座] (全12回)
開催日2019年6月4日(火)~2019年9月10日(火)
時間13:00~16:00
申し込み方法5月10日(金)までに往復はがきでの申込
開催場所   3階 情報文化実習室
参加対象(参加料)別記の通り(無料)
定員20人
内容他ジャストシステム社の「ホームページビルダー」を使ってホームページを作成し,自分が契約したプロバイダにアップロードするまでを学習します。全12回の連続講座。受講条件あり(21世紀館ホームページに記載)。
文化の森パソコン教養講座 [MIDI(ミディ)音楽作成講座] (全4回)
開催日2019年7月7日(日)~2019年10月6日(日)
時間13:30~16:30
申し込み方法6月15日(土)までに往復はがきでの申込
開催場所   3階情報文化実習室
参加対象(参加料)どなたでも(無料)
定員10人
内容他パソコンを使って,音符の入力や編曲の方法を学び,秋に開催される電脳交響楽団演奏会へ出演するための曲作りをします。全4回の連続講座。受講条件あり(21世紀館ホームページに掲載)。
第58回企画展「阿波へ異国船がやってきた」
開催日2019年8月6日(火)~2019年10月27日(日)
時間9:30~17:00
申し込み方法
開催場所徳島県立文書館   文書館 2階 展示室・講座室
参加対象(参加料)どなたでも(無料)
内容他文政12年、阿波国牟岐沖に、見知らぬ異国船が現れました。阿波の国内は大事件に対処するため大きな騒動となりました。このほか阿波南部の海岸線には何度か異国船が現れています。残された文書からこうした事実を紹介します。